小児歯科でお子さんの歯の健康を守りましょう

小児歯科でお子さんの歯の健康を守りましょう

お子さんの歯の健康を守る小児歯科では、虫歯を治療するのはもちろんのこと、お子さんの成長を妨げることのないよう、虫歯を予防するとともに、歯並び・噛み合わせも整えていきます。正しい口元の成長を促すことで、生涯にわたって健康な歯を維持できる土台づくりをするのが小児歯科の役割です。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

効果的な小児歯科治療を行うためには、お子さんに歯医者を好きになってもらうことが大切です。そしてそのためには、親御様のご協力が欠かせません。以下のポイントに配慮して、お子さんと接してみてください。

  • (1)「歯を治すことは元気になるために大切なこと」というお話をしてあげてください。
  • (2)ご家族全体で積極的に歯科治療を受けるようにしてください。
  • (3)「痛い」「つらい」といった歯科治療のネガティブな話をしないでください。
  • (4)治療が終わったらお子さんを目一杯褒めてあげてください。

乳歯は虫歯になりやすい!?

乳歯は虫歯になりやすい!?

乳歯は大人の歯よりもやわらかく、虫歯菌の出す酸ですぐに溶かされてしまいます。再石灰化の力も弱く、虫歯にかかりやすく進行しやすいという難点があります。痛みが出るまで放っておくのはNG。トラブルがなくても歯科医院に通って、予防処置を受けることが大切です。

乳歯の虫歯は放置しないで!

「乳歯が虫歯になってもいずれ生え替わるから安心」とお考えの方はいらっしゃいませんか? それは大きな誤解です。実際に、乳歯に虫歯があると永久歯が虫歯になる確率が約10倍に跳ね上がるという調査結果もありますし、生え替わりの時期に虫歯があると、永久歯の生えてくる向きにも悪影響を及ぼすことが分かっています。生涯にわたって健康な口腔内環境をキープしたいなら、乳歯の時期からの健康管理が大切です。

お子様を虫歯にさせない3つのポイント

お子様を虫歯にさせない3つのポイント

歯質を強くしてあげましょう

フッ素は歯質を強くする働きがあるため、歯に塗布することで効果的に虫歯を予防できます。歯科医院でフッ素塗布を受けるのはもちろん、フッ素入り歯みがき粉なども積極的に活用しましょう。

仕上げ磨きをしてあげましょう

虫歯予防のためには毎日の歯磨きが欠かせませんが、小さなお子さんは自分でしっかり汚れを落とすことはできません。少なくとも小学生になるまでは、お母さんが丁寧に仕上げ磨きをしてあげましょう。

仕上げ磨きのコツ

  • お子さんの頭を膝の上に載せて、お口のなかがよく見える状態で磨く
  • 歯ブラシは小さめで毛先の短いものを使う
  • 鉛筆と同じ握り方で歯ブラシを持つ
  • 歯の表面→裏側→噛む面と順番を決めて、上下の歯を丁寧に磨く
だらだらおやつはやめましょう

甘いおやつは虫歯の原因になると言われますが、正確には、食べる量より「食べ方」に深い関係があります。虫歯を予防したいなら、だらだらとおやつを食べるのはNG。時間を決めておやつを与えるようにしましょう。

お母さんから虫歯がうつるってホント?

お母さんから虫歯がうつるってホント?

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには存在しません。では、なぜ虫歯になるのでしょうか? それは、ご家族などから赤ちゃんにうつっているからです。お母さんと赤ちゃんとのスキンシップや、同じスプーンや箸を使うことで感染するのです。

とはいえ、お子さんとのスキンシップを避けるわけにはいきません。大切なのは、お母さんやお父さんが自分のお口のケアをしっかりと行うこと。家族のお口の健康が、そのままお子さんのお口の健康につながるのです。

古川歯科・小児歯科の小児歯科処置

古川歯科・小児歯科の小児歯科処置

国分寺市の古川歯科・小児歯科では、お子さんの歯の状態に合わせて効果的な予防処置をご提案しています。

ブラッシング指導

歯の生え方に合った歯ブラシの選び方や、発育段階に合ったブラッシング方法をお教えします。また、親御さんに対してもお子さんの仕上げ磨きの方法をお教えします。

フッ素塗布

歯質を強化して虫歯になりにくくする効果のあるフッ素を歯の表面に塗布します。最初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治癒することもあります。

シーラント

奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋める処置です。歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい奥歯には深い溝を埋めることで、効果的に虫歯を予防します。

過剰歯の抜歯

通常は生えない歯である「過剰歯」が生えていると、歯並びが悪くなるリスクがあります。そのため、過剰歯があるお子さんは抜歯を行います。

お子さんの歯についてご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。
042-325-1207