審美歯科できれいな笑顔を手に入れる

審美歯科できれいな笑顔を手に入れる

「歯が黄ばんでいる」「銀歯が目立って恥ずかしい」といった、歯の見た目に関するお悩みを解決するのが審美歯科です。しっかり噛めることは大前提として、歯の形・色、歯並びといった見た目を総合的に美しくする治療を行います。

気になる銀歯はセラミック治療で改善!

気になる銀歯はセラミック治療で改善!

口を開けたときに目立つ銀歯にお悩みの方はいらっしゃいませんか? そんな方におすすめなのがセラミック治療です。セラミック治療では、銀歯をセラミック製の白くてきれいな詰め物・被せ物に交換することで、本物の歯とほとんど変わらない見た目に仕上げます。

銀歯のリスク、ご存じですか?
銀歯のリスク、ご存じですか?

最近になって、銀歯は金属アレルギーのリスクをはらんでいることが明らかになってきました。銀歯が口腔内の粘膜と接触し、唾液にさらされることで金属イオンが溶け出し、手足のかぶれ、かゆみ、シミ、肌荒れなどのアレルギー症状を引き起こすのです。また、銀歯は経年によって劣化していくため、歯や歯ぐきの変色にもつながります。

国分寺市の古川歯科・小児歯科では、歯科治療による金属アレルギーを防ぐため、金属を使わない(メタルフリー)セラミック治療を推奨しています。セラミック治療なら見た目を良くできるのはもちろん、金属アレルギーの心配もなく、劣化・変色も少ないため長期間にわたって使い続けることができます。

古川歯科・小児歯科の審美歯科メニュー

古川歯科・小児歯科の審美歯科メニュー

ラミネートベニア
ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、そこにセラミック製の薄い板を貼りつける治療です。ホワイトニングでは白くできない歯や、前歯の間の小さなすき間、でこぼこに生えている前歯などの改善に用います。2回程度の治療で、自然な見た目を手に入れることができます。

オールセラミッククラウン・インレー
オールセラミッククラウン・インレー

歯を全体に薄く削り、セラミック製の被せ物を装着するのがセラミッククラウンです。銀歯を白くしたい場合や、差し歯を自然な見た目にしたい場合に最適です。また、虫歯治療で削った部分にセラミック製の詰め物を装着するのがセラミックインレーです。ともに、本物の歯に近い自然な白さ・透明感を持つオールセラミックという素材を使用します。

ジルコニアセラミッククラウン・インレー
ジルコニアセラミッククラウン・インレー

オールセラミックは美しく自然に仕上がる優れた素材ですが、やや強度に欠けるという弱点があります。その弱点を克服したのがジルコニアセラミックです。ジルコニアセラミックは、美しさとともに強度も兼ね備えた新しい歯科素材。クラウンやインレーとして使用します。

ファイバーコア
ファイバーコア

コアとは、虫歯治療で被せ物をするときに土台とする芯のこと。これまで主に使われていた金属製のコア(メタルコア)は光を透さないため、見た目を損なってしまうというデメリットがありました。これを解消したのが、光を透すファイバーコアです。ジルコニアセラミッククラウンと一緒に使えば、まるで本物の歯のような自然な見た目が手に入ります。

銀歯が気になる方や詰め物被せ物が取れたという方は、当院までご相談ください。
042-325-1207

銀歯が気になる方や詰め物被せ物が取れたという方は、当院までご相談ください。
042-325-1207

ページトップへ戻る

ホワイトニングで白く輝く歯を手に入れる

ホワイトニングで白く輝く歯を手に入れる

ホワイトニングは、歯の色素沈着を解消する施術です。専用の薬剤を用いて、歯を内部から白くしていきます。歯を削ることなくリーズナブルに歯を白くできるため、近年では、性別・年齢を問わず施術を受ける人が増えています。

目立つ黄ばみ、改善しませんか?

目立つ黄ばみ、改善しませんか?

歯の色が黄色っぽいだけで、不健康に見られたり、印象が悪くなってしまったりすることがあります。タバコのヤニなどで歯が黄ばんだり、年齢を重ねるにつれ歯が変色したりして、気になっている方は多いのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが、歯を削ることなく薬剤を使って漂白するホワイトニング。あなたも、ホワイトニングで歯を白くして、お口まわりのイメージアップをしませんか?

歯の白さが与える印象
歯の白さが与える印象
  • arrow

日本臨床矯正歯科医会による調査では、「他人の顔を見るとき、まずどの辺に目がいきます か?」という質問に対して、第2位に入ったのが「口もと」でした(1位は「目もと」)。口もとは、思っている以上に人から見られているところだと言えるでしょう。その口もとをつくる重要なパーツが歯です。白く美しい歯は、それだけであなたのイメージを良いものにしてくれます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)
ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)

歯科医院でお口に合わせたマウスピースを作製し、そのなかにホワイトニング剤を入れて自宅で装着して歯を白くしていきます。白くなるまでに時間がかかりますが、元の色に戻りにくいのがメリットです。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)
オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)

歯にホワイトニング剤を塗布したうえで、特殊な光を当てることで歯を白くしていきます。即効性があり、数回の施術で理想の白さになるのがメリットですが、白さが長続きしないため、色を維持するには定期的な施術が必要になります。

デュアルホワイトニング(ホームとオフィスを併用したホワイトニング)
デュアルホワイトニング(ホームとオフィスを併用したホワイトニング)

ホーム・オフィスそれぞれのメリットを活かしつつ、デメリットを補うことができるため、効果的に歯を白くできます。短期間で歯が白くなり、その白さが長持ちします。

ホワイトニングにあたっての注意点

ホワイトニングにあたっての注意点

施術前
施術前
  • 詰め物や被せ物、差し歯は白くできません。
  • 抗生物質などによって変色した歯は白くできません。
  • 妊娠中の方や18歳未満の方は、施術を受けられません。
  • 虫歯や歯周病にかかっている場合、そちらの治療を優先します。
  • 口腔内の状態によって、ホワイトニングができない場合があります。
施術中
施術中
  • (ホームホワイトニング)歯科医師の指示に従い、薬剤を適切に管理・使用してください。
  • (ホームホワイトニング)マウスピースを装着したままで、飲食や喫煙はできません。
  • ホワイトニング期間中は、ワインやカレーなどの色が濃いお飲み物や食べ物、喫煙はお控えください。
施術後
施術後
  • ホワイトニング終了後も、白さをキープしていくため、定期的にメンテナンスに通いましょう。

歯の黄ばみが気になる方は、一度お気軽にご相談ください。
042-325-1207

歯の黄ばみが気になる方は、一度お気軽にご相談ください。
042-325-1207